生前整理は、モノを片づけるだけではありません。スッキリ♪シンプルな暮らしが良いとは限らない


大切な人、身近な人に、

「もっと幸せになってほしい」から片づけさせたい

と感じたときはどうしますか?

自分のためだったら

ご自分で思考の整理をして、良い暮らしのイメージを作って臨みたいですね。


では、大切な方には?

思考の整理をお手伝いできますか?


先週末に、生前整理の講座をご受講いただいたのは、介護離職予防のアドバイザーさん。

企業様向けに、介護をとりまく諸問題のアドバイスをする会社があるんですね。

その経営者と従業員の方にご受講いただきました

認知症予防の活動もされているそうです。


生前整理の上級講座になると、「片づけ」ないほうがいいパターンもあるとお伝えしていて、プロとして現場に近い方ほど、そのシチュエーションをよく理解していただけます。



片づけるのは何のため、誰のため?

どの立場に立つかで、「生前整理」の見え方は全く違うのですね。


「納得していなくて、勝手に片づけを進められたらどう感じます?」

(私も知らなくて10年くらい前に、失敗をしました。)


実は、自分以外のひとの考え方を変えるのは、とっても難しい。

特に、ある程度年齢を重ねてからでは。
心理的なことがネックになりがちですよね。

生前整理で言う「親の家の片づけ」


本当に求めるものはなに?


忘れないでほしいこと
世代によって「幸せの価値観」が違います
「スッキリ♪シンプルな暮らし」が誰にでもいいとは限らなくて、
相手のためにスッキリ片づけても、人間関係がおかしくなって、体調まで崩してしまう事も実際にはありますから。


だから、時にはプロの視点を取り入れませんか?

今、分野ごとに専門家が増えていて、部分部分連携するということが進んでいます

見方を変えて、取り組み方を変えると効果的かも知れませんね。


片づけ・生前整理を「思い」を大切にしてお手伝いしています!

BRIGHT-DAYS 人生が輝く片づけ

部屋の片づけを通して、人生そのものを幸せにする力をつけましょう。 安心してこころ豊かな毎日を楽しんでいただくために、サポートを致します。 東京・埼玉・神奈川で片づけや講座を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000