BEFORE・AFTER【片づけ作業5時間】50代のお客様

一戸建てからマンションにお引越しをされ、片づけが進まなくなってしまったお客様。


プライベートで諸事情が重なったことと、マンションと一戸建ての収納部の容量の違い。
ちょっとしたキッカケで片づけができなくなるのは、よくあることなのです。


自分で頑張りたいと思っても、ひと月、ふた月となると毎日の暮しにも不便が生じますね。

こんな時こそ、私達片づけのプロの出番です!


今回は奥様の寝室。


こちらのお宅は、2つの寝室を内部の戸でしきれるようになっていて

行き来ができる設計になっています。


だから、ご夫婦それぞれのスペースがあります。


奥様がご自分のスペースでしたいことは、

「寝る」、

「趣味を楽しむ」、

「本格的に勉強する」という3つ。


なので、室内をゾーン分けしました。


【BEFORE】


入り口から見て、すぐ右側が缶詰置き場になっています。
床置きが多く、ベッドまでたどり着くのが、実に難しい状態。 

収納があっても使えないですね。
そして、ご本人でも、何があるかがわからないようになってしまいました。
まずは、中身を確認しましょう!

最初は私が寄り添って、4つほどのカテゴリーに分類していただきます。


やり方は、すぐ身につきます。


その上で、収納を整え、何をどこに入れるか決めていきます。


この部屋の片づけPOINTがいくつかあって、

①高い位置の収納は使いこなせないので、収納の上置きを外しベッドサイドに置きます。

(移動するには、こちらのご主人様のご協力がありました。)

このベッドサイドチェストには、すぐ読みたい本や小物を収納できます。

また、化粧品を収納すれば化粧台にもなります。


【AFTER】


寝るゾーンと趣味を楽しむゾーンが仕上がりました。

ベッドサイドにアロマキャンドルやグッズ、タンスの影になっている部分にはBOSEのパーソナルオーディオシステムを配置。

ベッドサイドチェストの中には、本と化粧品。


②入り口右の収納の有効活用。
缶詰を出し(他の収納部を整えていれる、または消費していただく予定)、棚板の高さを調整し、小物が置けるトレー、文庫本、今気になる本、お香グッズを収めました。


【AFTER】

今回、服は、季節外のものをベッド下収納に、バッグは厳選してクローゼットの上棚(枕棚)に収めました。

これからのこと。

③タンスの上のFitsケースは、クローゼットの中を整理して入れ込み、この茶色のタンス自体もなくす予定と致しました。

そのかわり、ここには奥様の大好きな趣味のものが置かれる予定!!


片づければワクワクが待っています!


さて、「寝る」・「趣味を楽しむ」スペースは整いました。


「勉強」スペースも作りましたから次回に。

BRIGHT-DAYS 人生が輝く片づけ

部屋の片づけを通して、人生そのものを幸せにする力をつけましょう。 安心してこころ豊かな毎日を楽しんでいただくために、サポートを致します。 東京・埼玉・神奈川で片づけや講座を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000